超高級のジャコウネココーヒーが世界中で人気

コップ

収益化に最適なコーヒー豆

女の人

高級豆の焙煎と収益化

コーヒー豆は一般的なウォッシュドやセミウォッシュド精製されたものでは十分な付加価値がつけにくく、収益化に繋がりにくいですが、ジャコウネココーヒーのように希少価値が高いコーヒーを使用すると一気に収益化につなげられます。主にインドネシアで生産されるジャコウネココーヒー豆は、同じ産地で採れるマンデリンと合わせることで、さらに高級なコーヒー豆として販売することができます。100g当たり400円で販売されているコーヒー豆の原価は100g170円未満ですが、ジャコウネココーヒー豆の場合は現地で購入すれば100g2000円程度で購入でき、日本では100g4000円から8000円で売却できます。この時、ジャコウネココーヒーが生豆の場合は100g4000円から5000円くらいですが、焙煎までしてあると100g8000円から12000円ほどまで価値を跳ね上げられます。こうした収益化に必要なのが少量の固まった豆でも焙煎できる焙煎機で、10万円から20万円で比較的簡単に入手できます。ジャコウネココーヒー豆は、現地ではある程度固まった糞に近い状態で販売されているため、その形を崩しすぎないように4粒から5粒くらいの塊に崩してから焙煎すれば加熱も均一にできて味の調整もし易いです。ジャコウネココーヒー豆はその希少価値が重要なため、多くの場合粉にしなくても買い手がつきます。一手間を掛ける必要が無いため収益化には最適な商品です。