超高級のジャコウネココーヒーが世界中で人気

コップ

世界一希少なコーヒー

コーヒー

ジャコウネコの糞から採取

世界一希少といわれるコーヒーがあります。それはジャコウネコの糞から採取したコーヒー豆で作られる、ジャコウネココーヒーと呼ばれるもので、インドネシアとベトナムでのみ生産されています。ジャコウネココーヒーはジャコウネコの糞から未消化のコーヒー豆を取り出して、きれいに洗ったものを焙煎したものです。元々は現地の農家の人々の間でこっそりと楽しまれていたものといわれています。ジャコウネココーヒーは独特の香りが一番の魅力といわれています。この独特の香りは、ジャコウネコの食べたコーヒー豆が腸内の酵素や細菌の影響で発酵して得られるものです。また、ジャコウネコがおいしい豆だけ選んで食べるため、美味しい豆が採れるともいわれています。ジャコウネココーヒーは産出量がきわめて少なく、独特の香りが人気となり世界一希少なコーヒーといわれるようになりました。元々は野生のジャコウネコの糞からのみ採取されていたジャコウネココーヒーですが、現在ではジャコウネコを飼育してコーヒーの実を食べさせて採取している場合がほとんどです。インドネシアやベトナムでお土産用として市販されているものは、ほとんどが飼育されたジャコウネコから採れたものです。しかし、野生から採取されたものの方が香りが良いといわれており、野生から採取されたコーヒーは流通量の少なさも手伝って、プレミアムがつく程の高級品として取引されています。現地では偽物やブレンド品も多数出回っているため購入時には注意が必要です。